クレアギニンEX」タグアーカイブ

腎臓の負担を軽くするためには食塩制限とクレアギニンEXが必須です!

腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、できるだけクレアギニンEXを摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をおすすめします。薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して下さい。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしておりちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。糸球体という小さな血管があるものの、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿といっしょに排泄します。その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、また、赤血球を作り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど私立ちの体にとって必要欠かす事の出来ない役割を担っています。CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見うけます。多くの慢性腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、次第にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムがふくまれています。そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつもクレアギニンEXを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねてふさわしい治療をうけることも先決ですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大事です。 一度失われてしまった腎臓の機能は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせることができるようになりました。もし、末期の腎不全になっ立としても、これまでの透析療法や移植とは別にますます治療法も増加しており、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を見つけることが可能です。腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んで腎不全といわれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化指せた原因を取り除くことができれば、腎臓の機能回復が期待できます。慢性腎不全については、その特性により腎臓の機能が次第に失われ、腎機能は回復しません。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。栄養士からのご飯指導で、これらの蛋白量に関する多彩な工夫についてしることができます。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなるでしょうから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)は遺伝性の腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、定期的に健康診断をうけ早期に発見し、日常的に規則正しい生活をつづけることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ですが、腎臓病(大きく分けると、腎臓内科で扱う疾患と泌尿器科で扱う疾患に分けられるでしょう)の中には症状が顕れなかったり自己判断が難しいものもあるので、常に油断しないようにすることです。場合によっては尿に病気のサインが出るので、まずは医療機関での受診を優先しましょう。
こちらもどうぞ>>>>>クレアギニンEX

腎臓病のサプリメントはクレアギニンEXのようなノコギリヤシが含有する製品が良い!

CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見受けます。健康な腎臓機能でなくなると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、未然に腎臓の機能低下を防いだり、なるべく現状を保つことも期待できます。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、昨今では透析療法や移植にとどまらず多種多様な治療法も増えているので、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療を受けることができるのです。腎臓病が徐々に進展してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経て腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康的な生活を維持することが可能になります。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自覚症状が出ないものもあるため、常日頃の健康管理が大切です。たとえば、いつもとは違う尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。腎臓病のなかにも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムがふくまれています。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。腎臓はソラマメに似た形をした臓器で腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、さらに、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの重要な役割を担っています。毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができるのです。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。このようなご飯療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。腎臓病治療は当然病院で相応しい治療を受けることも先決ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお奨めします。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができるのです。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく質食品」が市販されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてちょーだい。よく読まれてるサイト:クレアギニンEX